どうも、(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 


女の子との待ち合わせに2時間40分も待ち続け


挙句すっぽかされてショック熱で3日間寝込んだムルですww


さて…以前から話していますが、私は建築資材を販売する営業マン


今日は住宅の窓に付いている網戸工事の不具合の調整に行った時のお話…


お客さんのMさんの家に到着して網戸の調整をしていた所、


何処からともなく


「にゃ~にゃ~」


と子猫らしき鳴き声が聞こえてきました。


最初は特に気にして無かったのですが、


あまりに泣き続ける子猫が少し気になったようで、


Mさんが一人で原因の解明に出かけました。


するとMさんが屋根の上から降りれなくなり


途方に暮れている子猫を見つけたと報告してきました!


私は


「そうなんですね~」


と軽い返事をしていたのですが


あまりに泣き続ける子猫にMさんが


「助けてあげよう!」


と言いだした・・・。


一瞬、嫌な予感が脳裏を横切りました・・・


するとMさんは、おもむろに物置から脚立を持ってきて



「さぁ!ムルさん行きましょう!!」


と言い放ったんです!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?


おいおい・・・マジか!俺を巻き込むなよ!


高所恐怖症は私に、屋根の上にあがれと・・・


そして



何故か言い出しっぺのMさんが先に屋根に上がらないという現実


このクソ暑い中、Mさんの


ちっぽけな正義感


の犠牲になる羽目になってしまいました…


クソ!後でコッソリ網戸に穴を空けておいてやる!


と、最高の悪知恵を思いついたが、


よく考えたらまた修理に来なければいけなくなる…


と気づき、穴あけ作戦は断念するww


1階の屋根と言っても結構な高さがある。


覚悟を決めた私も、屋根に上がって


「さぁMさんアソコですよ!」


とMさんを呼んだ所、


返事が無い・・・


そっと後ろを見てみると、屋根に上がってはいるものの


そこには怖くてフラフラ千鳥足のMさんが居たww


全く役に立たないクソ親父です・・・


さぁ!「子猫救出作戦開始」



そうは言っても相手は動きがすばやい子猫、


足場の悪い屋根の上でいい歳したオッサンが


二人ががりでも勝負は見えています。


2人で挟み撃ちしようが何をしても捕まえれず


スルスルと股の間を子猫はすり抜けていく。


まさに「穴だらけの包囲網」である。


あまりのすばしっこさに途方に暮れた頃、


オッサンが何かを思いついたかのように物置へ降りていき


大きめの虫取り網を持ってきたのだ。



「おいおい…かれこれ30分以上クソ暑い中
屋根を動き回って今更かよ…」



と心の中で叫んでおいたww


何とも便利な虫取り網…


一瞬で子猫を追い詰めれた!


するとここでパニックになった子猫が恐ろしい行動に出たんです!


数メート下にある花壇に向かって


ウルトラダ~イブ!


ビックリして恐る恐る下を覗き込むと、


どうやって着地したかは分かりませんが、


ササササーと走り去る子猫の姿だけ黙視できました。


さすが子猫とは言え猫ですねww


飛び降りれるならサッサと飛び降りればよかったのに…


事なきを得た所で、全く役に立たなかったMさんに


何故か後片付けまで手伝わされ、



網戸の調整も片づけました。


別に欲しかったわけでもないし・・・


催促するわけでもありませんが・・・


満足げに自分だけ冷たいビールを飲んで、


ムルにお茶も出さないMさんに


かなりの殺意を覚えたのは内緒にしておきます。


網戸の調整も終わり、Mさんの家を後にる途中


どこからともなく



「にゃ~にゃ~」


と言う鳴き声が聞こえてきました…


が…


Mさんがまた変な正義感を口にする前にサッサと帰路に付きましたww



おわり
2016/09/06(火) 11:30 その他 記事URL COM(0) TB(0)
どうも、(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 


今日はちょっとシリアスなお話しなんで前フリは省きました。


一応、おもエロ三国天ぶろぐですよ~!


今回は少し長文になります。


3日前に10年来の友人が亡くなりました。


癌でした・・・。


「腰が痛い!腰が痛い!!」とヘルニアと思い込んでいたようで、


ひたすら整形外科に通っていましたが、


大きな病院で精密検査を受けて発覚しました・・・。


見つかった時はすでに体中に転移があり、


余命2年と宣告されていました。


2年たってもピンピンな彼に、もしかして治るのか?


なんて期待もしていましたが、やはり病魔は着々と彼の体を


蝕んでいたようで、とうとう力尽きてしまいました。


友人が亡くなるのは2人目です。


もうそんな歳になって来たんだな・・・と


年を取ってきた事を実感しております。


友人のご冥福をお祈りします・・・・。


先日、ある雑誌を見ていると


人生の【勝ち組】と【負け組】・・・という記事を見ました。


皆さんは自分がどちらのカテゴリーに属していると思いますか?


私は自分を【勝ち組】と思っています。


なぜなら


『たぶん【勝ち組】の方が気分が良いし、居心地が良さそうだから!』


ただそれだけの理由です。


では何を基準として分類されているのか分からない


【勝ち組】と言われる人達


とは、一般的にどういった人達の事を言うのでしょうか?


・美形に生まれてモテモテ
・事業に成功しお金持ち
・一芸に秀でて有名になるetc…


色々あるとは思いますが、


これらの人達の人生を他人が分類するなら


間違いなく【勝ち組】になると思います。


しかしこの人達が40歳の若さでこの世を去った場合、


人々はこの人達を【勝ち組】と言うでしょうか?


この場合、90歳まで人生を生き抜き、


最後は家族に暖かく看取られる人の方が【勝ち組】たる条件になるでしょう。


だからと言って前者が【負け組】とも言い切れないですよね。


時々、居酒屋で酔っ払った人が


『俺は負け組だなwww』


と言っている人が居ると思います。


別に私はこの人達を【負け組】とは思いません。


しかしこの人達は自分自身を【負け組】と言い


自分自身に【負け組】というレッテルを貼ってるだけなんです。


普通に仕事して、普通に居酒屋でお酒が飲めて


どこが負け組でしょうか?


こういった基準のない価値感は、自分自身を【負け組】と言ったり


自分の事を【負け組】だと思った時に、


はじめて意味をなすものだと思うんです。


少し自分の話をしましょう。


・私は一般的に見てブ男です。
・髪も薄くなってきております。
・勿論、女性になんかモテたことはありません。
・特別仕事が出来る優秀な社員でもありません。
・余分なお金も持ってません。
・今の仕事もいつ転勤で遠くに飛ばされるか分からない。


自分の中にある夢や希望は、歳を追う事に日々小さくなるばかりです。


上記を見て私が【勝ち組】だな!と思う人は居ますか?


でも私は、歩くのが遅いおばあちゃんが横断歩道を渡っていて、


途中で信号が赤になって焦っているお婆ちゃんの横を


さりげなく一緒に歩いてあげて、お礼を言われた事があります。


街角で声を張り上げている学生達の募金活動に、


たった100円の小銭ですが募金をしてお礼を言われました。


先日は電車でお年寄りに席を譲ったらとても喜んでくれました。


ちっぽけな人生ですが、その中で嬉しい事や幸せを感じて生きています。


この気持ちは、とても貴重なものと思っています。


自分を【負け組】と思っている人には決して味わえないものでしょう。


自分を【勝ち組】と信じ、自分としての幸せを噛み締めて生きている人が、


【勝ち組】と言う列車に乗って、人生のレールを走っているんだと思います。


自分の人生の価値観を測る定規は、自分自信が持っていて、


決して他人の定規で測ってもらうものではないのです。


【勝ち組】と【負け組】


あなたは自分がどちらのカテゴリーに属していると思いますか?




おわり


三国天武のブログアンテナサイト作りました
↓↓↓
http://muru.atna.jp/


↓↓↓ HPのTOPに戻る
http://muru.web.wox.cc/top
2016/07/01(金) 14:40 その他 記事URL COM(2) TB(0)
どうも、最近のズリネタはもっぱら不倫物のムルです。

(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 


さて、今日は少し自分について考察していきたいと思います。


先日のブログでは同僚のR君の事を書きました。


しかし、実はムルも今まで飲み会(合コン)でモテた経験が生まれてこのかた一度もない・・・。


そこで、なぜムルはモテないのか考えてみた。


1、イケてすぎる・・・。
2、イケてなさすぎる・・・。


1、ムルがあまりにイケて過ぎていて、恐れ多くて女の子がムルに近寄れない・・・・


 回答⇒さすがにこれには無理がある。


2、ただ単純にブ男なだけ


 回答⇒いや・・・・そうじゃない!


男は顔じゃない! 誠実さと面白さなんだ!
           

【ムルには口がある! 喋りで勝負するんだ! 俺が場を盛り上げるんだ!】



と一生懸命と合コンの場を盛り上げていた。


俺が盛り上げてるんだから、当然、他のみんなも盛り上がっていると思っていた。


バカな事して回りのメンバーを楽しませていたつもりだった・・・・・














が!

















《実は本当にただのバカだと思われていたらしい》



これはメンバーから聞いた話なので本当なのだろう!


失笑していたある女性が


『ムルさんて明るいんですね・・・。』



と煙草を吸いながら、褒めてるんだかバカにしてるんだか分からないような言葉を


ムルに投げかけたのは、きっとムルに対する言葉が他に思い当たらなかったんだろう。




《アナタは用無しよ!・・・。》




みたいなその子の冷たい目に




《アナタは洋梨よ!・・・。》


と勝手に言葉を置き換えて自分を慰めていた。


あああ・・・・。


青春の合コン


おわり


三国天武のブログアンテナサイト作りました
↓↓↓
http://muru.atna.jp/


↓↓↓ HPのTOPに戻る
http://muru.web.wox.cc/top
2016/04/30(土) 02:10 その他 記事URL COM(0) TB(0)
どうも、満員電車で目の前に女の人が居ると

思わずクンクンしてしまうムルです。

(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 


先日、6対6の飲み会に誘われた時の話です。


今回は某大手住宅設備メーカーのショールームレディがお相手です・・・


新宿のオシャレ居酒屋で合流する事になったのですが、


女性軍団が来てビックリ!!Σ(゚□゚(゚□゚*)!!


最近の飲み会ではお目に掛かれない程の女性のレベルの高さに驚いた!


さすがショールームレディや・・・・


私は『イヤッホーやったぜベイビー!!!!』


何が「ベイビー」なのかはよく分からないが、私は心の中でそう叫んだ。


恐らく他の男性陣もそう叫んだに違いない。


お互い対面に座り、飲み会開始!


一通り皆が仲良くなり、酔いも回ってきた頃に、


同僚のR君がお相手のYちゃんにターゲットオンしたようだった。


レベルの高い女性メンバーの中で、Yちゃんはダントツで可愛かった。


それは他の男性陣の誰もが感じていただろう。


あろう事に、そのYちゃんをR君は気に入ってしまったのだ!


Yちゃんは笑顔がとても可愛いく、よく気が利き、下らない話でも嫌がらずに


最後まで聞いてくれる、いわゆる聞き上手だった。


たまたま席が対面だったのもあって、R君がYちゃんに猛烈アピールを開始する。


R君は26歳で、女性とはほとんど付き合ったことが無い!


R君はそのレベルの容姿と性格である。


R君のつまらない話にYちゃんは終始笑顔で対応する。


おそらくR君は


「やった!Yちゃんが俺の話で楽しんでくれている!」


そう思っていたに違いない!


しかしそれはR君の勘違いで、


回りにいる全ての人は気付いていた。


R君はYちゃんを楽しませていたのでは無く


《R君はYちゃんに笑われていたのだ!》


( ´_ゝ`)フーン( ´,_ゝ`)プッ ←こんな感じ


本人だけ気付いていない。


付け加えて言えば、


《Yちゃんのその笑顔は、R君の横に居たスーパー営業マンM君に注がれていた!》


とても可哀相だった…。


皆が分かっていて、それでいて教えてあげられないこの悲しさ…。


負けるなR君!いつか君にも春はやってくるはずだ!


飲み会も終わりに近付き、何となくLINEや携帯番号を交換していた時、


YちゃんとM君が携帯番号交換しているその横で、


コッソリとYちゃんの番号をゲットするR君が居た。


YちゃんはR君に番号をゲットされていた事に気付いてはいたが、


Yちゃんは何も言えずにいた。


数日後R君はこう話す・・・。


「YちゃんにLINEするけど返事が無いんだよね・・・。」


見れば未読・未読・未読・未読・・・・・・


『R君!早く気付け!! 君は拒否されているのだ!』


おわり


三国天武のブログアンテナサイト作りました
↓↓↓
http://muru.atna.jp/


↓↓↓ HPのTOPに戻る
http://muru.web.wox.cc/top
2016/04/22(金) 19:06 三国天武 記事URL COM(0) TB(0)
どうも、ボクサーパンツでティンポが蒸れ蒸れのムルです♪♪


(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 



しばらくおもエロ三国天ぶろぐをサボってましたww


ネタはチョイチョイあったんですが、このブログは書くのにパワーを使うんです。


コチラは超不定期に更新するのでご理解をお願いします。(*- -)(*_ _) ペコリ


さて今回は先日、友人F君の買い物に付き合った時のお話をしたいと思います。


とある金曜日の夜、F君から1本の電話が掛かって来ました。


F:「財布が欲しいのでムルさん一緒に見に行ってくれませんか?」


ハッキリ言って面倒臭かったけど、マックでハンバーガーをゴチ


してくれるとの事だったので仕方なく付いていってやる事にしたんですw


次の日、F君のお金が無くなる前にマックで軽く昼ご飯を食べ、、


その後で某ブランドの専門店に入店。


店舗に入ると、早速冷たい目で店員さんに見つめられる。


そりゃそうだ! 品のいい店にテキトーな格好した兄ちゃんが


2人も入って来ると、さすがに冷やかしと思うだろう。


全く見向きもされませんでした。


F君は財布コーナーを一回りして目ぼしい財布を見せてもらう事に・・・・


手袋を付けた女の店員さんが、丁寧に財布を目の前に出してくれるのだが、


ムルとF君はマックでハンバーガーを食べた後の油まみれの手で財布をサワリまくり・・・。


( ̄m ̄*)ププ


F君は24000円というお手ごろ?な財布に目を付け、


その財布を買う事に決めたらしい。


ムル:「それ買うの?」


F:「買おうと思ってますw」


ムル:「そんなお金持って来てたっけ?」


F:「カードがありますから! ( ・`ー・´)キリッ!!」


さすがムルの友人だ!


自分の財力に反比例して財布のヒモがゆるい・・・。


アァァ( ̄∇ ̄ ;)


そしてなぜかブランドショップでF君は値交渉に入るww


F:「この財布はいくらまで安くなるの」


女店員:「いえ!この商品のお値段は、お値引き後の価格ですのでちょっと・・・・」


あっさりと断られた!


(´-`).。oO( ここで引き下がったらこの店員の思うツボだ!もう一発行け!


するとF君は


F:「分かりました・・・。」


あっさりと引き下がる・・・。 ( ̄ロ ̄|||)ええぇっ


F君の値交渉は完封コールド負けで敗北に終わるww


するとF君は次にこう店員さんに話す。


F:「カード払いで」


女店員:「お支払回数は?」


F:「10回で!!(。-`ω´-)キッパリ!!」


女店員:「えっ?」


F:「10回です!!(。-`ω´-)キッパリ!!」 


女店員:「あ・・・ハイ・・・」


キタ━ヽ(・∀・` )ノ━!!!!


これがF君の必殺技


【値交渉はするがアッサリと断られ、仕方ないからカードで長期ローン払い】


F君は以前も大型家電量販店で、19800円のテレビを6回払いで購入していた。


この必殺技を2回も拝めるなんて・・・。


これだからF君との買い物は恥ずかしくて嫌なんだよ・・・・┐('~`;)┌


F君は春財布購入で、いつにも増してウキウキだった。



「ウラララララララ~」とジェロニモよろしく張りのおたけびが聞こえそうであった。


しかしムルにはその背中に大きな文字で


「僕はバ・カ」


という字が見えていたのを、F君には黙っておくことにした。


おわり


三国天武のブログアンテナサイト作りました
↓↓↓
http://muru.atna.jp/


↓↓↓ HPのTOPに戻る
http://muru.web.wox.cc/top
2016/04/20(水) 14:46 その他 記事URL COM(0) TB(0)
どうも、最近やたらとギャルに興味津々のムルです。



(*^・ェ・)ノ コンチャ♪ 



少しの間だけブログをサボっておりました



何と言いますか・・・・



ネタ探しが面倒臭かったなんて



口が裂けても言えませんw( *´ノェ`)コチョーリ



今日は、渋谷の街を歩いていた時のお話・・・・



一人で渋谷の街を歩いていると



面白い看板を見つけたんですよ・・・・。



ぜひここに写真を掲載したかったのですが、



もしかしたら3文字のヤの付く自営業の方達と関わりがあると嫌なので



あえてここは未掲載にしておきます。



○○女学園 的な名前だったとだけ書いておきます。



少し路地に入った所でしたが、デカデカと掲げている



風俗の看板に思わず最敬礼をしました。┏○))ペコ



そんな看板を見ていると、



何となくムラムラしちゃわないですか?



何だかその時はムラムラしちゃってて、



そんなムラムラ気分を押し殺しながら



路地の中ををフラフラ歩いていると



ウキウキするDVDショップを見つけました。



なぜだかフラフラっと自然とそのお店に入店・・・・・



お店の奥に進んでいくと



20160209-111045.jpg



な暖簾が掛かっている大部屋を見つけたんです。



中に入ると大人のチョメチョメ玩具や



あだるてぃーなDVDと雑誌がたくさん・・・・



私はε=ε=ε=ε=ε=\___○ノ ヒャッホーウ!!



な気分で、最近マイブームの黒ギャルのDVDコーナーに一直線



やっぱ黒ギャルってスゲエな・・・・



ここ最近は黒ギャルへの募る思いが爆発です



どうにかして黒ギャルと合コン出来ないものだろうか?



話がかみ合わないのはキャラで誤魔化すのに・・・・



そんなことを考えながらDVDを物色していると



あるDVDに釘付けになりました



黒ギャルの汚部屋 黒ギャルIN汚部屋



思わず吹きましたよ!(´゚ω゚):;*.:;ブッ



黒ギャルの汚い部屋をチェックして



その汚い部屋ヤルという企画ものですw



ギャグで買おうかどうか悩んでたその時



一人の中年男性(人の事は言えない)が



携帯片手に大きな声で電話しながら入って来ました。



大きな声で仕事の話をしながら、熟女コーナーのDVDの



物色を始める親父に、周りにいる数人のお客も迷惑そうに



その大きな声で電話しているオッサンを見ていました



私は・・・・



「おいおい! ここは大人の為のウキウキ図書館だぜ!!



電話しながら熟女物DVDを物色してんじゃね~よ!



集中出来ねーじゃねーか!



静粛にしやがれクソ変態が! ば~か!ば~か!」




っと言いたい所をグッと我慢し



ノーマルな私は黒ギャルの汚部屋を再物色です。



なかなか決めきれない私を横目に



その親父は熟女物のDVDを数枚抱え、



レジを済ませてサッサと出て行きました。



哀れな電話の相手!



まさかエロビデをを物色されながら話しているとは



思っていなかったろうに。



電話の相手はきっと真面目に話していたんでしょうねw



変態親父のアッパレな姿を見て何となく萎えたので



何も買わずにそのままお店を後にしました。



あのビデオ今度レンタル屋にあったら借りようかな・・・・



そんな悲しい仕事中の営業中でのお話・・・・。


↓↓↓ HPのTOPに戻る
http://muru.web.wox.cc/top
2016/02/09(火) 10:57 三国天武 記事URL COM(0) TB(0)